Kit ONLINE
0 item
カテゴリーで絞り込む

大矢拓郎 我谷盆 H

我谷盆(わがたぼん)は石川県山中町の南西に位置し、1965年に我谷ダムの建設により水没した町。その土地で作られるお盆には共通してノミの跡があり「我谷盆」と呼ばれました。栗の木の丸太を生木のまま叩き割り、削り、規則的に彫られた丸ノミが特徴的。

その作り方に忠実に添い、自分なりの解釈を加えて仕上げた現代の我谷盆。こちらは石灰で拭いて仕上げています。

お茶とお菓子用のトレイをイメージしたサイズですが、プレートとして使っていただいても良いでしょう。卓上の文具入れなどにも。

*生木を叩き割ったそのままの姿をトイレにしています。よって木が動きやすく、底が平らでなかったり、裏にささくれが残る場合がございますが、当時の作り方に忠実に添い制作しています。ささくれは手で削いだりしないよう、なるべく触らないようにするか、ニッパーや爪切りでカットして整えて下さい。



W180mm x D135mm x H20mm

石灰


略歴)
1986年 誕生
2012年 京都伝統工芸大学校木工芸専攻卒
2012年 佃眞吾に弟子入り
2018年 亀岡にて独立